So-net無料ブログ作成
検索選択
大槻ケンヂ ブログトップ
前の10件 | -

2009/5/6 大槻ケンヂ@南堀江knave [大槻ケンヂ]

[「ミッドナイト・プラグレス・カフェ」発売記念ツアー!]
2009年5月6日(日・振休) 南堀江knave
出演:大槻ケンヂ・プラグレス・セッション(長井ちえ、宮脇てつや、小畑ポンプ)

***

セットリスト
1.花火
2.OUTSIDERS
3.パティー・サワディー
4.よろこびとカラスミ
5.BABY BABY
6.SWEETS
7.人間嫌いの歌
8.蓮華畑
9.僕の歌を総て君にやる
10.人として軸がぶれている
11.テレパシー

アンコール
1.江ノ島オーケン物語
2.帰れない二人
3.踊るダメ人間
4.アザナエル

昨日に続いて、雨の中、オーケンライブに行ってきました。
チケットが(先行で取ったにもかかわらず)130番台だったので
嫌な予感はしていましたが…
中に入ってみると、すでに立ち見の列が2列ほど。ああっ!
アコースティックのライブで立ち見って、めちゃめちゃツライんですよね~~~
とりあえず壁に寄りかかれる場所を確保してみましたが、
ステージはほとんど見えませんでした。うー、残念。
昨日、ほぼ最前でオーケン見れたから良しとしよう。そうしよう。
あ、開演前のBGMには、筋少のニューアルバム「シーズン2」が
小さい音で流れてました。

まず、オーケンがMCで話していて気になったこと。
オーケンは、こういうアンダーグラウンドな場所で話したことが
すぐにネットを介して広まってしまう現状に、苦言を呈していらっしゃいました。
「サブカルやアングラは、もうなくなってしまった!」と。

うーん。たしかにね。昔は、自分からその場所に行って、自分の目で見て、
自分で経験しないと分からないことってたくさんあったけど、
今は、ネットで調べただけで行った気になったり、
分かった気になったりしちゃうことが多くなってる気がします。

よし、あたしも、ライブに「行った気になる」ブログではなく「行きたくなる」ブログを目指します。
おっ、うまいこと言った(笑)!

いちお、この日のMCを一言でまとめるならば、「オーケン全盛期!」でしょうか。
これは、ライブ前に楽屋で話している時に、
翌日の名古屋ライブのチケットがまだ残っているという話題が出て、
マネージャー氏が「大槻さんの全盛期には売り切れたんですよぉ!」と言ったという(笑)。
「マネージャーに全盛期の時はって言われちゃったよぅ」と、泣き笑うオーケンに、
「一番言っちゃいけない人やのにね」って突っ込むポンプさんがおかしかった。
その後も、ライブ中ずっと、全盛期!最盛期!って引きずってました。

ライブは「花火」からスタート。
オーケンの姿はほとんど見えなかったけど…スーツ着てた?杖持ってた?
座ってたのか立ってたのかさえ分かりませんでした(苦笑)。
「パティ・サワディー」とか「SWEETS」とか、特撮の曲が嬉しい。
「よろこびとカラスミ」は、ライブで聴いたらいい曲だなぁと思いました。

筋少のニューアルバムから「人間嫌いの歌」と「蓮華畑」!
「蓮華畑」嬉しかったなぁぁぁ。内田曲ですから!
早く筋少バージョンが聴きたくなりました。
MCの内田ネタとしては、「内田くんはけっこう振り付けの人なんだよね」とのこと。
「戦え!何を?とかでも、なんか振り付けやってるよねぇ」と。
「バトル野郎の間奏で戦いを挑んでくるんだけど、最近面倒くさくなっちゃって、
わざと目を合わさないようにしてる」とか。ヒドイよ、オーケン(笑)!

「僕の歌を総て君にやる」は、CDで聴いた時は正直「???」と思ってしまったのだけど
ライブで聴いたらカッコ良かったです。
やっぱり「軸ぶれ」は盛り上がる!ジャジーなアレンジが一番合ってるんじゃないかな?

アンコールの前に「世界中のラブソングが君を」のPVを流してくれました。
オーケンが歌ってるところだけ新しく撮って、あとはライブ映像だったけど。
来週、大阪で行われるNHKの公開録画でも、この曲やるらしいですよ!
行ける人は行ったらいいじゃない!!!!(←抽選に外れた人のやつあたり)
せっかく筋少が大阪に来てくれるのになぁ。行きたかったなぁ。

アンコール一曲目は「江ノ島オーケン物語」。
歌い終わった後、オーケンが「…この曲やらなくても良かったね」って…
ダメー!そんなこと思っても言っちゃダメーーー(笑)!
二曲目は、清志郎さんが亡くなったことに触れて、
清志郎さんと井上陽水さんが共作した曲「帰れない二人」を。

ラストは「アザナエル」
あぁ、やっぱり特撮の曲はいいよね。
特撮のライブもまた見たいなぁ。と、改めて思ってしまいました。

演奏もMCもまったりしていたので、ライブ時間は2時間20分と、意外と長め!
ちえちゃん+てっちゃん+朝ちゃん(パーカッション)、というアンプラグドのライブは
昔、よく見たけれど、ポンプさんのドラムが入るとジャジー度が上がっていいですね。
ポンプさん、ウクレレ弾いてました…よね?コーラスもステキだし、
オーケンのMCの突っ込み役としても、重要なポジションだと思います(笑)。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2009/5/5 想う壺音泉!@大阪城音楽堂 [大槻ケンヂ]

[想う壺音泉!~OTODAMA'09掛け湯編~]
2009年5月5日(火・祝) 大阪城音楽堂

入浴
■13:50 乍東十四雄
■14:25 DOES
■15:15 PERIDOTS
■16:05 おとぎ話
■16:50 大槻ケンヂ・アンプラグド・セッション
■17:40 カジヒデキ
■18:30 Theピーズ
■19:20 アナログフィッシュ

行ってきました、OTODAMA掛け湯編!
大阪に越してきて嬉しいことの一つが、清水音泉さんのイベントに行けることかも。

今回のイベント、参加を決意したのはもちろんオーケンが出るからなのですが、
もう一つ、カジくんが出るというのも大きなポイントでした。
今でこそナゴム系の末裔のようなあたしですが、その昔は渋谷系(笑)だったのです。
カジくんといえば、渋谷系の王子様ですよ!
当時はライブは行ったことがなかったので、人生初・生カジくんが見られる!
他にも、ずっと気になっていたおとぎくんや、おなじみのピーズ兄さんなど、
あたし的に見どころ満載だったので楽しみにしてました。

5月の昼間の野外、ということで、さぞかし気持ちよかろう…
と思っていたのに、当日はあいにくの雨!ずっと雨!
今日はフラカンは出ないから、これはピーズのせい…?
そうそう、ピーズといえば、大阪城公園に電車で向かっていたら
途中駅からハルくんが乗ってきて、向かいの席に座ったのでビックリしました。
大木兄弟、やっぱり顔より声のほうが似てるわ~、とか思いながら
チラチラ見てしまいましたごめんなさい。

会場に着いて、サクサクとレインコートを着こんで入場。
オープニングアクトならぬ風呂ントアクトは乍東十四雄。
その名前から勝手に想像していた「男一匹弾き語り」みたいな感じではなく、
さわやかなバンドサウンドでした。おもしろかった。

次はDOES
こちらも初めて見たのですが、もっと硬派な感じというか、MCなんかしなそうな感じを
想像していたんだけど、そんなこともなく。
曲はカッコいいロック!頭振れちゃう感じ。

続いてPERIDOTS
名前だけみるとヴィジュアル系みたいだけど(笑)、アコギと鍵盤の爽やかなデュオでした。
というか、PERIDOTSっていうのはギターヴォーカルの彼のソロユニット名義みたい。
鍵盤の彼はサポートってことなんですかね。
とにかく、すっごいキレイな歌声で。とても平和な気持ちになりました。

この辺だったかなぁ、司会にオーケンが登場!
司会をやるといううわさは聞いていたのに、最初から出てこなかったから、
到着が遅れてるのかなぁ、とか思ってましたが、そんな話は特になく。
「今日は皆さん、お揃いの服装で。大阪でそれ流行ってるの?」
たしかに、レインコートだらけの客席は、ステージから見たら奇妙だよねぇ。
土井ちゃんとの司会は、OTODAMA06の時と同じく、息が合っていておもしろいです。

そして、前から一度見てみたいと思っていた、おとぎ話!
いや~~~、いいですね、このバンド!
アルバム聴いていて、曲は好きな感じだったんだけど、ライブはさらにいいかも。
ボーカルの人、いい味出まくってます。でも暖かい感じ。

次はいよいよオーケン!
おとぎ話終わりで前に行ったら、センターの二列目に行けました。
前の人の間から、直接オーケンが見れる位置。
この時になって、ようやく、ようやく雨がやんできて。やったー!

ドラムのポンプさん、ギターのてっちゃんとちえちゃんは、セッティングをして
そのままステージに残って、スーツ姿のオーケンがSEに乗って登場。

01 江ノ島オーケン物語
02 人間嫌いの歌
03 人として軸がぶれている
04 花火
05 踊るダメ人間
06 BABYBABY
(順不同…かも?)

一曲目は、「大槻ケンヂとはこういう人間です。」ということで「江ノ島オーケン物語」
これ、イベントでつかみにやると、けっこうウケますよね(笑)。
あとは、やっぱりトークで笑いをとっていた。
プラグレスのアルバムを出して、プロモーションは何をやってくれるんですか?と
レコード会社に聞いたら、「チラシを作ります!プラグレスなんで、シックな感じで、モノクロで!」
って言われた話とか。「せめてカラーにしてくれよ~~~!」と(笑)。

他にも、清志郎さんの思い出とか、いい天気の日にライブをやるよりも、
こういうどんよりした日にやったほうが、のちのちまで思い出に残るんだ!とか。
(これは、本当にそうかも!その時は辛いけどね…)

盛り上がったのは「軸ぶれ」と「ダメ人間」かなぁ~
小さくだけどダメジャンプもしてました。後ろの方はどうだったんだろう?
オーケンも座ったままダメジャンプしながら、「無理しなくていいですよ~ww」って言ってた。

久しぶりにオーケンを間近で見れて満足でした。
あたしの隣にいたグループが、特にオーケンファンではないけれど、
有名人を近くで見たい!って感じで、それは別にいいんだけど、
演奏中もずっとしゃべったり後ろ向いたりしてて、それが気になっちゃったのが残念でした。

続いてはカジくん!カジくん!!
青い半ズボンで登場ですよ。わー、カジくん変わらないな~~~!
一曲目が、DMCでヒットした「甘い恋人」だったので、人がどーっと押し寄せてました。
二曲目に「ラ・ブーム」!キラーチューン、来たーーーーーー!
実はDMCまだ見ていないのですが、この曲も映画で使われたんですか?
この曲が出たのって、96年とかそのくらいだよね。なんかもう、感動しちゃった。
長生きして良かった~、みたいな(笑)。

カジくんといえば、先日話題になった「パイナップル事件」ですが。
MCで「ご心配おかけしましたが、大丈夫です!PVも完成しました!」と報告がありました。
そして、「大槻ケンヂさんや、ピーズさんは、ほぼ同年代で。
昔、筋肉少女帯とかよく見に行ってました」という、(あたし的に)衝撃の告白が!
わー!ナゴムと渋谷系の融合が!思わぬところで!

最後までPOPなカジくんのステージが終了し、再び司会に出てきたオーケン、
「僕ビックリしたんだけど、カジくん42歳なんだって!28歳くらいの人かと思ってたよ~!」
たしかに、カジくんは時が止まってる感じがします。オーケンと1歳差?
カジくんは半ズボンでパイナップルなのに、オーケンは杖ついて出てくるし(笑)。

次はTheピーズ。
セッティングしながら、司会のオーケンと「どうもどうも」みたいに挨拶するハルくんww
なんだかんだと、ピーズはけっこう回数見てる気がします。
主にOTODAMA関連で。今年のOTODAMAにも出演決まってました。
新しめの曲、ということでやってくれた「絵描き」、いい曲だったな~。

最後のバンド、アナログフィッシュを残して、無念の退散!
ちょっと用事があったのと、寒さ的に限界だったので。
でも、最初こそ雨でへこんだけど、暖かくて楽しくていいイベントでした。
OTODAMAも、今年は泉大津に決まったみたいだけど、また服部緑地とか
あのくらいの規模でやってくれたらいいな。と、ちょっと思います。
なんというか、すごい心地良い空間なので。

清水音泉さん、素敵なイベントありがとうございました。
明日はオーケンワンマンやー!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008/8/31 大槻ケンヂ トークイベント@新宿タワーレコード [大槻ケンヂ]

筋少のDVD発売記念?シングル発売記念?のトークイベントに行ってきました。
DVD購入者に整理券をくれたんだけど、DVD発売から1ヶ月以上経ってるので、
話の内容は8/27に発売されたばかりのシングルのことが多かったです。

実は、トークイベントの整理券は持っていなかったので、
(シングル購入特典の引き換え券は持ってた)
整理券を持ってる人が全員入場してから、後ろの方に入場。
どうせステージは見えないので、登場時のオーケンをチラリと見よう!
と思って一番右端に。
控え室のあたりに横山シンスケさんが見えたので、
「お?司会?」とか思いながら待ってました。

横山さんがステージに登場し、「ようこそロフトプラスワンへ!」
みたいな挨拶をして笑いを取ってました。
そしてオーケン登場!ドクロのラメラメのついた黒いニット帽と、
特攻服ではないけれど、黒い長い上着だけ見えました。
顔にヒビは入ってなくて素顔だけど、ちょっと疲れた感じ?

近況は?ということで、ツアーのリハが始まりました!という話。
橘高くんが1人でしゃべりまくって、他のメンバーは全然話さない、とか、
そんなことも含めて皆さん相変わらずだそうです(笑)。
武道館には横関さんや、秦野さんや、みのすけが出てくれます。
そして太田さんも!というところで、お客さんから拍手が!
太田さんは正式メンバーだったからね。感激もひとしおです。
オーケンと仲良くやってくれるといいんだけど(笑)。

そして8/2のRIJFの話。
開始15分前に「客席ガラガラですが、心が折れないように!」
と言われて、ええぇ~!と思ってたんだけど、
SEが流れ始めるとお客さんが洪水のように入ってきて嬉しかった、そうです。
あたしは最前に突っ込んでしまっていたので、後ろの状況が全然分からなかったけど、
最終的には超満員になっていたそうで、ホント良かったよ~~~

途中、横山さんから「パワステ、復活するらしいっすよ!」という裏情報が!
あたし自身はパワステ行ったことないんだけど、お噂はかねがね、という感じ。
復活したらいいですよね?新宿だし行きやすいし。

そして、ニューシングルの4曲について解説。
そもそもオーケンは、1曲だけ新曲入れて、あとはセルフカバーとかで
いいっしょ!と思ってたそうです(笑)。
全然関係ないけど、このオーケンの口調が有松ちゃんぽくて
有松ちゃんの話題になったんだけど、なんと今、VAMPSで叩いてるそうです!
VAMPSって、Zeppで46daysライブとかやってるんでしょ?
すげー!有松ちゃんカッコいい!

シングル話の中では、「中学生からやり直せ!」に入っているボコーダーは
内田さんの発案だそうで、ある日突然ボコーダーを持ってきて
嬉しそうに歌っていたという内田さんの話に萌え萌えっとしました。
この話、ハヤシくんとの対談の中でも話してたので、
よっぽど嬉しそうだったんだろうな~、内田さん。
横山さんも、「内田さんの嬉しそうな顔って想像できますね」
と言ってました(笑)。

そして「ツアーファイナル」のPVの話。
冒頭の乾杯の音頭は、一番味があるという理由で
内田さんバージョンが採用されたけど、実は全員分撮ったんです、
ということで、そのボツバージョンを上映。
橘高くんの、あまりに普通な感じと、カミカミのおいちゃんがかわいい。

ここまでで30分くらい。ここから握手会に。
実は、この時点で友人から握手券を譲ってもらったので(笑)、
流れ作業的握手会には参加できました。
見ていると、本当に一瞬で、みんな話とか全然してない感じ?
でも、何も言わずに握手するのもかえっておかしくない?
と思って、なんとか「9月のライブ全部行きます!」って言ってみたけど、
「あー、ありがとうー」と言ってくれたオーケンは、どーでもよさそうな顔してた(笑)。

そして、特典のポスターをもらってイベントは終了。
ポスターには流れ作業的ネコの絵が描かれてました(笑)。
いや~、偉いよオーケン!最近TVとかラジオとか出まくりで疲れてるだろうな~。
もう一週間後には名古屋からツアースタートだもんね(と言っても東名阪ww)。

武道館まで、あと3週間!すっっごい楽しみ~~~~~
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2008/6/21 大槻ケンヂ@LIQUIDROOM [大槻ケンヂ]

[大槻ケンヂ デビュー20周年記念大祭 人として軸がぶれている!]

2008年6月21日(土) LIQUID ROOM EBISU
出演:大槻ケンヂ、日下部"Burny"正則(G)、高橋竜(B)、五十嵐公太(Ds)、三柴理(Pf)
ゲスト:NARASAKI(G)


***

オーケン(とエディ)のデビュー20周年記念ライブに行ってきました!
でもね、このメンバー…もはや特撮じゃないですか!?
だから、超久しぶりの、2年ぶりの特撮ライブとして、すごい楽しみにしてました。
この日はもちろん、朝から特撮Tシャツを着用(笑)。

特撮は、本当にたくさんライブに行ったなぁ。
というか、あたしがライブ通いを始めるきっかけが特撮だった。
筋少復活はもちろん嬉しかったけど、それと同時に特撮が
活動を停止してしまったことが本当に悲しくて寂しかったので、
今回、名義は違えど、特撮の曲をライブで聴けるのが楽しみでしょうがなかったの。

特撮のライブ、いつもどの辺で見てたっけ?と記憶を辿りながら、
とりあえずナッキー側でスタンバイ。
楽器セッティングが始まってみると、どうやら右側にギター2本、ではなく
筋少形式(左側にギター1本、右側にベースとギター)でやるみたい!
なので、あたしは竜ちゃんの正面でした。わーい!

暗転してメンバーが登場すると、スペシャルゲストであるはずのナッキーも
ステージ上にスタンバイしてる!
(後でMCでオーケンが、「ナッキーが『僕、いっぱい弾きますよ!』って
言ってくれたので、ゲストなのに頭からいます!」と言ってました・笑)

そして一曲目は「アベルカイン」!やった!特撮ライブの定番!
もう、久しぶりに猫猫犬犬できるのが嬉しすぎて、
お客さんも振り切れてた気がします。大合唱だった。

「今日は20周年のお祭りだから、好きなようにやらせてもらいます!
僕の好きな歌しか歌いません!!!」というオーケンのMCがステキ☆

「20年間の重みを一番象徴するのがこの曲」という曲紹介で、
何だろう???ヘイユーブルース?とか思っていたら「日本の米」でした。
この曲は筋少でも特撮でも、さかのぼれば空バカでもやってたし、
実はオーケン大好きなんじゃないかと(笑)。

次の「空想ルンバ」は、実は2回くらいしか聴いてません(ごめんなさい)。
でも、周りの人たちはわりとちゃんと反応してました。
最後、オーケンがラララ~ってコーラスさせようとするんだけど…
だから聴いてないんだってば!ごめんなさい!

特撮の曲もたくさん聴けて、本当に嬉しかった!
「パティ・サワディ」なんか久しぶりすぎる~~
筋少のライブではあまり歓迎されず、フェイドアウトしていったボースカも
久々に登場!オーケンの腹話術はグレードアップしています(笑)。
「企画物AVの女」の途中で「ヘイユーブルース」と各パートのソロコーナーあり。

楽しみにしていた電車からは一曲だけでちょっと残念だったけど、
UGS版の「Guru」が聴けたので良しとしよう!
オーケンが詩を朗読し始めたときには鳥肌が立ったよ~。涙出そうだった。
仏陀L版の「釈迦」も良かったです。ウッチーコーラスがないのは物足りないけどね。

イントロを聴いて狂喜してしまった「ピアノ・デス・ピアノ」と「バーバレラ」。
そうそう、特撮のライブってこんな感じだったよね!!!!
お客さんもすごい盛り上がってて、みんな特撮見たかったんだよね!
待ってたんだよね!と思ったらなんかすごく嬉しかった。

「ジェロニモ」もアンコールで聴けた!
最後のコーラスも、オーケンがコーラス指導するまでもなく大合唱。
ラストはなぜか「綿いっぱいの愛を」のサビをララララ~と歌って
大団円っぽく終了。

「20年間ありがとうございました。これから20年、よろしくお願いします!」
っていうMCが嬉しかったな。
「僕はこれからも歌い続けていきますし、なんらかのカタチで表現は
し続けていきますので、大槻ケンヂが欲しいな~と思ったら探してみてください
僕はそこにいます」 キャー!オーケンかっこいい!
20年やってきた重みというか、余裕とか自信が感じられた。
オーケンはこれからの20年も、ずっとキラキラしてるんだろうな。

オーケン、エディ、20周年おめでとうございます。
あー、大阪のライブも行きたかったなー。

セットリスト
01 アベルカイン(特撮)
02 オンリー・ユー(ソロ)
03 日本の米(筋肉少女帯/特撮)
04 空想ルンバ(大槻ケンヂと絶望少女達)
05 テレパシー(特撮)
06 文豪ボースカ(特撮)
07 パティ・サワディ(特撮)
08 企画物AVの女(特撮)
09 OUTSIDERS(電車)
10 あのさぁ(ソロ)
11 Guru(UNDERGROUND SEARCHLIE)
12 踊るダメ人間06(大槻ケンヂと橘高文彦)
13 釈迦(筋肉少女帯『仏陀L』バージョン)
14 ピアノ・デス・ピアノ(特撮)
15 カーネーション・リインカーネーション(筋肉少女帯/特撮)
16 バーバレラ(特撮)

EN1 ロコ!思うままに(特撮)
EN2 人として軸がぶれている(大槻ケンヂと絶望少女達)
EN3 ジェロニモ(特撮)
EN4 綿いっぱいの愛を!(サビをワンコーラスのみ)(特撮)
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008/5/5 のほほん学校休校2デイズ 2日目 [大槻ケンヂ]

[のほほん学校休校2デイズ 2日目]
2008年5月5日(月・祝) 新宿ロフトプラスワン
ゲスト:長井ちえ、宮脇鉄弥、ふぁんたろう

***

2デイズの2日目。
本当にオーケンファンの人は来週の名古屋にも行くんでしょうけど、
あたしは行けないので、今日が本当のファイナルです。
今日は40番台だったので2列目に座れた!はしっこだけどな!
開演前に、のほほん学校本のDVDが流れてました。
このDVD、何度も何度も見たけど、仲直りシーンは何回見ても感動する!
内田くん超かわいい☆

今日は、まずてっちゃんが登場して、アンプラグドライブの終わりっぽい曲を演奏。
オーケンソロの「おやすみ」と、特撮の「ロコ!思うままに」
ロコは久しぶりに聴いたけど素敵。

うなずき役のファンタくんが登場して、オーケンの選ぶバカ映像トップ10の発表。
合間にお客さんからの質問に答えたり、のほ学10年の歴史を振り返ったり。
あたしが行くようになってからは5年くらいかなぁ?
10年前に始めたときは、もっとアカデミックな感じっていうか、
サブカル発信を目指していたようですよ。
それがいつのまにかバカ映像の奴隷になり、しかもYouTubeやニコ動の急速な普及によって
それすらままならなくなってきて、最終的には自分でバカ映像作っちゃったり(笑)。

バカ映像の内容は詳しく書かない方が良さそうなので省略しますが、
昨日も流してくれた「そんなのエディじゃない」とか、
オーケンの好きな「おいちゃんと桜井さんのデュエット」とかです(笑)。

最後はちえちゃんが登場して、昨日に続いて特撮の「花火」と、
なぜか山本コータローの「岬めぐり」。
そして、てっちゃんも再登場して「猫のリンナ」でおしまい。
リンナは大好きな曲なので最後に聴けて良かったです。

「またすぐに再開しそうな気もしますね…とりあえず6月にカルカルでトークイベントやります」
とのことですが…オーケン、ひとまず、長い間お疲れさまでした!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008/5/4 のほほん学校休校2デイズ [大槻ケンヂ]

[のほほん学校休校2デイズ 1日目]
2008年5月4日(日・祝) 新宿ロフトプラスワン
ゲスト:長井ちえ、水戸華之介、イノウエアツシ、増子直純

***

のほほん学校休校スペシャル、1日目。
今日はゲストが豪華だからか、発売日の10時にロッピーに並んだのに160番台でした…。
当然席も空いてなく、久しぶりの立ち見!
ステージは良く見えたからいいんだけど、疲れました。腰が…!

でも、すっごい楽しかったので救われました。
のほほん学校史上、一番の盛り上がりじゃないかとオーケン談。
さすがノーギター四天王。
ボーカリストに必要なのは、ギターテクより話術ですから!

まずは、ギターのちえちゃん登場で銀杏BOYZの「BABY BABY」
そして、オーケンが営業で行った銚子音楽祭の模様がケーブルテレビ?かなんかで
放送されたというので、そのビデオを見ました。
いや~~~~、すごかった!オーケン、よく頑張った!偉い!

そしてゲストの水戸ちゃん登場。鼻声です。
それで、えーと、ここには絶対書けないようなトークをしてから、
あっちゃんと増子ちゃんも登場。
それで、えーと、こっから先は書いたら炎上するような内容なので割愛!
立っている辛さを忘れるくらい笑わせていただきました。
増子ちゃん、前に会った時よりパワーアップしてるよ!
いつもは人の話を聞かないオーケンが、聞き役に回って涙流して笑ってるとか、
そんな姿を見られるのもこの四人ならでは。

ノーギター四天王のギター対決も面白かったです。
本当にみんな弾けないんだね(爆)!
でも、あのギターかわいかったな。犬神バージョンZO-3ギター!

あと、若かりし頃の映像対決?で、水戸ちゃんのモノマネをするあっちゃんとか、
KISSコスプレの水戸ちゃんとか、ショルダーキーボードのぶっ飛んでるエディとか。

最後は、またちえちゃんが登場して、ニューロティカの「風の中のロックンロール」、
特撮の「花火」、オーケンソロの「あのさぁ」を歌って終了。
「花火」の微妙な感じにドキドキしつつも、最後は大好きな「あのさぁ」でウットリ。
それにしても笑いすぎた!明日はまったりやるらしいですよ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008/2/6 オーケンのほほん学校バースデースペシャル [大槻ケンヂ]

[オーケンののほほん学校 祝!42歳バースデースペシャル!]
2/6(水) 新宿ロフトプラスワン
ゲスト:猫ひろし、DJ急行、セラチェン春山、水戸華之介、山田広野

***

オーケンの42歳のお誕生会に行ってきました。
なぜか今日もまた雪。雪国ですかここは。
1月のライブで先行発売したチケットが120枚くらい(!)あったらしく、
そのあとでの入場だったので、めっちゃ並びました。寒かった!
もちろん超満員だったので、左側の後ろの方の丸椅子に。
かろうじてステージが見える、って感じでしたが、問題なく楽しかったです。

時間ちょうどに登場したオーケンは、赤いジャケットに黒い皮パン。
中には筋少物販Tシャツを着てるのが見えました。
何気にオーケン久しぶり!最近ブログもあんまり更新しないから
元気なのか心配してたよー!
まずは近況とか、今年は小説を書こうと思ってます、という話とか、宇宙人写真とか。
小説を書くために、ブログとかで書き散らすのは控えるみたいですよ。

もう自分で自分をお祝いするの疲れちゃったよー!というオーケンのために
お祝いゲストということで、猫ちゃん登場!
猫ちゃん久しぶり〜!つーかオーケンと並ぶとちっちゃいなぁ(笑)。
猫ちゃんが辛くならないギリギリの時間でネタをやってもらうことに。
最後の、猫ちゃんが脱いだパンツを客席に投げるネタで、
オーケンに無理やりパンツを履かせようとする猫ちゃん…
最終的には自分で履いて、なぜか大変お気に召した模様(酔っ払い?)。
これはグラムロックだよ!デヴィットボウイだよ!いや違うから(笑)!

もう自分でバカ映像の頭だしするの疲れちゃったよ〜、というオーケンのために、
バカ映像のスペシャリスト、DJ急行さんとセラチェン春山さんの登場です。
さっき、プラスワンの前で急行さんを見かけたんだけど、ここのゲストだったのか!
さすがの名進行っぷりで面白かったです。イタリアンスパイダーマン最高!

次は俺の半生について語りたいな!ということで、聞き手として(?)水戸さん登場。
キャー!兄貴!
まったく興味はないけど、せっかくだから、オーケンの子供時代の話を聞こうか!
オーケンはどんな小学生だったの?という水戸さんのフリで始まったトークが
オーケンの酔っ払い具合とあいまって、えらいおかしかったですよ!
随所に出てくる内田くんの話(非力なバイトの話、意外と世渡り上手な話など)に
萌え萌えでしたよワタクシ!
水戸さん本人はあまりお酒を飲まない方だと思うのに、
酔っ払いのオーケンに付き合ってくれて本当にありがとう!
来年の第二部(一人暮らし以降編)も楽しみにしております。

せっかくの水戸さんは歌わずに、最後はカラオケコーナー。
オーケンが気持ちよく歌うためだけに呼ばれた山田広野さん、いつもすみません(笑)。
歌ったのは、桑名さんの歌(なんだっけ?)、戦士の休息(『野生の証明』の主題歌)、
エルトン・ジョンのYour Song、イーグルスのDesperado、
布施明の君は薔薇より美しい、でした。
オーケンの歌う英語は、ビックリするくらい英語に聞こえなくていつもビックリします(笑)。
でも本人が気持ち良さそうだったので良しとしよう。誕生日ですから。

オーケンの誕生日をお祝いするのは、もう毎年の恒例行事といえるでしょう。
確かに自分で企画して演出して、ってやるのは面倒だと思うけど、
誰にも文句を言われず好きなことをやれて、そこにお客さんが集まってくれるなんて
すごい幸せものだと思うよ、オーケンは!
来年もまた一緒にお祝いできたらいいな。

***

補足1:非力なウッチー
水戸さんに「オーケンはバイトしたことあるの?」とたずねられ、
「何回かあるよ~。お小遣いもらってたからお金には困ってなかったけど、
みんなやってるから、やってみるか、と思って、友達が紹介してくれた
引越しのバイトに行ったんだけど、俺とか内田は非力だからさ~。
後から、ああいうのは連れてこないでくれ!って言われちゃった。」

補足2:世渡り上手なウッチー
男らしい、上下関係なんかとは無縁で生きてきたオーケン。
パンクバンドに絡まれそうになったときは「俺じゃないっすよー」で逃げ切る。
それに対して博多のバンドは縦社会。
60代のロッカーが50代のロッカーをベルトで殴り、
50代のロッカーが40代のロッカーを背負い投げする社会。
水戸「オーケンは東京生まれでよかったね」
オーケン「俺や内田は、博多にいたらバンド続けられてないよ!」
水戸「いや、あれでウッチーはけっこう世渡り上手だから。
誰に近づいていいか、誰に近づかない方がいいか、ちゃんと見てるから」
オーケン「そうかなぁ~」(納得いかなそう)

補足3:意外と部屋が汚いウッチー
一人暮らしを始めてからのオーケンの部屋は最悪に汚くて、
エアコンが壊れても、部屋が汚くて業者が呼べなくて
3年間エアコン無しで暮らした…そうです。
「これを内田に言うと、(タバコを吸うマネをしながら)
『おおげさに言ってるんだよ~~~~』って言うよ!多分!」
それに対して水戸さんが「ウッチーの部屋も汚いけどね」。
多分、オーケンと内田くんでは汚いの種類が違うんだと思うなぁ。
オーケンは、想像だけど、洗濯した服をタンスにしまったりできないタイプ。
内田くんは、物が捨てられなくて、他人から見ると雑然としてるように見えるけど
本人的にはどこに何があるか把握してるタイプ、なんじゃないかなぁ。

最終的には、「もういいよ、内田の話は!」と打ち切られてしまいました(笑)。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2007/11/23オーケンのほほん学校77時間目 [大槻ケンヂ]

[オーケンのほほん学校77時間目]
11/23(金・祝) 新宿ロフトプラスワン
出演:大槻ケンヂ、ポンすけ(小畑ポンプ、ただすけ)

久しぶりにのほほん学校に出席してきました。
番号があまり良くなかったので、ステージ正面の座席は既に埋まっていて、
立ち見や座敷は避けたかったので、左手奥の一段高くなっている場所で
見ることにしました。遠かったけどオーケンは良く見えました。
トークのときオーケンが左側に座ってくれて良かった!

開演前はお約束のバカ映像…なんだけど、
オーケンは最近やっとYouTubeやニコニコにたどり着いたらしく(笑)
そこで見つけた筋少MADアニメとかを流してました。
オーケンのリング入り映像、おかしかったなぁ。すっごいオーケンぽかった。
振り返り方とか、オーケンのこと良く分かってるなぁみたいな。

オーケンは電車Tで登場!ゲストがポンプさんだからでしょうかね。
あのTシャツ大好きなんだけど、持ってるやつがMサイズで、大きくて着れないのよね。
脱線Tシャツ着ていけば良かったな。
そして、ラメラメなすっごいパーカーを着てました。
そんなん着て歌舞伎町歩いてたら、また職質されちゃうよ(笑)

早速ポンすけのお二人が登場して、曲の合間にトークとか映像とか。

あのさあ
あの子が遊びにくる前に
パーマのブルース
アウトサイダーズ
香菜、頭をよくしてあげよう
日本印度化計画
空と雲と君(ポンすけ)
オンリーユー

トークでは、すかんちの話や電車の話。
ポンプさんは80年代の筋少にも二週間くらいいたことがあるよ!とのこと。
すかんちは「グラムロックの気持ち悪い方」という位置づけで、
デーモン→オーケン→ローリーは一括り、らしいです。
ちなみに「気持ち悪くない方」はイエモンとか(笑)。
ポンプさんは相変わらず面白いけど、ただすけさんもよくしゃべる人で。
オーケンの話を遮って話し続けるなんて、なかなかできないですよ!
オーケンも、ここまで突っ込んで来てくれると嬉しい!って喜んでたけど。

トークの詳しい内容を書くとブログが炎上したり閉鎖したりするので書けません(笑)。

のほ学初登場のただすけさんのために、
いつもこんな朗らかな映像を流してるんですよ〜ということで、
不死身のおばあさんの映像など。
オーケンの好きな、中国?香港?カンフー?映画なのですが、
見終わった後でポンプさんが
「内田くん時々こういう顔するよね。つまらないときとか」
って言ったのがすっごいおかしかった!
思わず空バカのおばあちゃんコントを思い出しちゃいました。

他にも、電車のライブ時にオーケンがハンディカメラで撮ったという
ライブ映像とか。レア!電車懐かしいなぁ。また見たいなぁ。

曲は、どれもジャズっぽいアレンジで新鮮でした。
「パーマのブルース」は何回聴いても笑っちゃうんだけど、
今回は、あたし自身がパーマをかけたばっかりだったので、
「うるせーよ!」とか思いながら聴きました(笑)。

何百回歌ったか分からないのに、と言いながら、
いまだに歌詞カードを見ながら香菜を歌うオーケン。
「歌詞カードを見るたびに違うことが書いてあるんだよ!」
と、わけの分からないことを言ってました(笑)。
印度はさすがに、体が勝手に覚えてるんだそうです。
まぁ、間違えてたけどね。
ジャジーな印度って、すっごい新鮮で面白かった!
コール&レスポンスとか、振り付けとか、していいのかどうか迷っちゃった。

ポンすけさんの演奏のときに、いったんオーケンが楽屋に戻って、
再登場したあたりから第二部だったのかな。
開演前にお客さんから集めた質問に答えるコーナー。
最近何が面白いかって、ケラさんのブログが面白い!ということで
わざわざプリントアウトしてきたケラさんのブログを朗読(笑)。
ケラさんのブログはね~。あたしも開設以来ずっと読んでるけど、
ホントにすっごい面白いのです。ハラハラするけどね。

そして、最近気になっている曲、ということで「カプチーノ」というグループの
「9時からのリリー」という曲の映像(夜ヒット?)を流したり、
来年はデビュー20周年を記念して、今までにやった全ユニットの
ライブをやりたいと思っています!という話とか。
「いや、でもできないユニットもありますよ?」と言ってましたけど、
まんが道と空手バカボンはやってくれますよね!?

29日の大槻ケンヂスAのライブで、第一弾を発表するそうです。
うーん。29日行けないんだけど、出遅れちゃうかしら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2007/7/21 大槻ケンヂスA@MOSAIC [大槻ケンヂ]

[MOSAiC 3rd.Anniversary 大槻ケンヂスA]
7/21(土) 下北沢Mosaic
大槻ケンヂス are Vo.大槻ケンヂ/Gt.長井ちえ・宮脇てつや/Dr.原治武/Ba.ふぁんたろう

***

オーケンがこれまでに歌ってきた曲を、バンドという枠を超えて、
ランダムに、ボーダレスに、あと何だっけ?ピースフル?
とにかく、何でも歌っちゃうユニット、大槻ケンヂスの始動ライブ。
今日はアダルトな楽曲をやる「大槻ケンヂスA」の方。

200人限定ライブなのに、ものすごい番号のチケットを引いてしまったので、
かなり後ろの方になってしまいました。
モザイクには前に来たことがあったので、ここでオーケンがやるなんて
大丈夫なの?と思っていたけど、やっぱり超満員状態。

やった曲はたぶんこんな感じ。
01 タンゴ
02 とん平のヘイユーブルース
03 恋人よ逃げよう、世界は壊れたおもちゃだから
04 クレーター
05 13階の女
06 アウトサイダーズ
07 鞄
08 高円寺心中
09 企画物AVの女
10 お別れの背景
11 包丁とマンジュウ
12 悪魔巣取金愚
~アンコール
13 ののの歌
14 あのさぁ
15 オンリー・ユー
16 おやすみ

この他に、オーケンがヘイユーブルースの途中とかでよく歌う歌、
「目がつぶれ~耳も聞こえなくなって~」とかいう曲、
あれも歌ってました。あれなんて歌だっけなぁ。「機関車」??

立ち位置的に、オーケンよりちえちゃんの方がよく見えて、
ふぁんたくんと原くんが時々、てっちゃんが全く見えませんでした。
ちえちゃん、超カッコ良かった~~~!
エレキのちえちゃんを見るのは初めてだったんだけど、
惚れ惚れしてしまいました。ちえちゃんのコーラスの声も好き。

あと、楽しそうに、気持ち良さそうにドラムを叩く原くんが印象的でした。
筋少のときは、笑顔!でも必死!!!な感じだからね(笑)。
あぁ、普段の原くんはこういう感じなんだろうなぁ、と。

アダルトな選曲だけあって、ファンクっぽい感じで、
オーケンも歌っててとても気持ち良さそうでした。
演奏陣も。あのノリはけっこうクセになるかも。
電車の曲は好きなので、「アウトサイダーズ」とか嬉しかった。
あと「悪魔巣取金愚」久しぶり!

MCも、「コロッケさんを見て人生のモチベーションができたですよ!
もう歌いたい歌しか歌わないですよ!」とか、
「夏フェスで出た瞬間に倒れます。伝説になると思わない?」とか、
「水割りとタルトという曲を作ります」とか、アダルトな感じで(笑)

さて、大槻ケンヂスにはもう一つ、ノリノリベイビーな曲をやる
「大槻ケンヂスB」という形態もあるようです。
そちらのライブはいつになるのか、まだ全然決まってないみたいだけど、
どんな曲をやってくれるのか、楽しみに待っていようと思います。

次にオーケンに会えるのはOTODAMAかな?
41歳の夏フェス、オーケンの夏バテっぷりを堪能してきます!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2007/6/2 大槻ケンヂと峯田和伸 [大槻ケンヂ]

[大槻ケンヂアンプラグドセッションvs峯田和伸]
6/2(土) 新宿LOFT

***

チケットの番号はけっこう良かったから前の方にも行けたんだけど、
銀杏ファンの勢い、というかミネタのカリスマ具合は知っているので
あんまり突っ込みすぎずステージ向かって右側の広い場所に避難。
ミネタが登場すると、アンプラグドにもかかわらず、案の定なだれ込んでくる!
でも避難していたおかげで、なんとかミネタの顔が見える場所を確保。

銀杏のライブは過去3回くらいしか見てないけど、
ミネタのことはよく見てるような気がする。
今日は半年ぶりくらい?
見るたびにいつもすごい髪形してるんだけど(笑)
今日はわりとサッパリスッキリ。

やった曲(たぶん)
01 i wanna kill your boyfriend(?新曲)
02 日本発狂
03 夢であえたら
04 浅草キッド(ビートたけし
05 なんとなく僕たちは大人になるんだ
06 あいどんわなだい(?新曲)
07 東北新幹線はちひろちゃんを乗せて(?新曲)
08 人間
09 朝立ち(?新曲)

相変わらず、ミネタの歌はすごい。ミネタの声はすごい。
この声の持ち主が、歌うことを仕事にしてくれて、本当に良かったと思う。
「ある人に、峯田くんの歌は歌じゃないといわれた。
歌の中にすんなり入り込めないからって」とMCで言っていたけど、
逆に、ミネタの歌は聴く人の心の中に入り込んでくると思う。
ギター一本で聴くと、さらにそう思う。心が揺さぶられる。

「夢であえたら」も良かったけど、「浅草キッド」がすっごいよかった!
「あいどんわなだい」で客にコーラス指導するミネタがかわいかった。

ミネタの呼び込みでオーケン登場。
ミネタファンが下がる前にオーケンファンが突っ込むという最悪の事態(笑)!
って笑い事じゃないですよ。
あたしも少し前に突っ込んで、オーケンの上半身が見える場所をゲット。
オーケン+アンプラグドメンバー+ミネタで筋少曲を二曲。

01 香菜、頭をよくしてあげよう
02 蜘蛛の糸

この二曲がすっごい良かった~~~!かっこよかった!
オーケンとミネタの声って合ってるのかも。
二人とも優しい声してるし。

ミネタがはけてオーケンコーナー。カウントのカッコいい「タンゴ」からスタート!

01 タンゴ
02 企画物AVの女
03 江ノ島オーケン物語
04 サボテンとバントライン
05 高円寺心中
06 ベティブルーって呼んでよね
07 揉み毬
08 猫のリンナ
09 プカプカ
10 あのさぁ

こういう対バン形式のときのオーケンのMCは、
微妙で適当でいい加減でとても面白い。

「ナゴムレコードからデビューしたのが83年くらい。
大化の改新くらい昔でしょ?
あの時は大変だったよ~。いざ鎌倉つってね。
湘南新宿ラインもまだなくてね。
元寇なんつってモンゴルが攻めてきて。」

ボケっぱなし。フォロー一切なし。なんだそれオーケン(笑)。

今の僕を端的に現した曲です、と言って歌った「江ノ島~」が
ウケていて良かった良かった。
個人的には「高円寺心中」にビックリ。
筋少ちゃん祭りでやってくれないかな~と思っていたので。
でもワンマンではないのでセリフ部分のアドリブは控えめ。

もうこのままアンコール行きます。休ませません!と言って
ミネタを呼び出して銀杏の(ゴイステの)曲を一曲。

en1 BABY BABY

この曲がねぇ。もう本当にかわいくてキラキラしてて素敵だった。
やっぱりオーケンとミネタの声は合ってると思う。
最後に、ミネタがはけてピアノなしのめずらしいGuru

en2 Guru

終演後、オーケンの新プロジェクト「大槻ケンヂスA」のチケットを購入。
すっごい番号だったけど…200人限定だし、入れるだけで良しとしよう…
筋少と並行して、それぞれの個人活動も尊重することが
新しい「大人の筋少」を円滑に進めていく秘訣なのかなぁ、とふと思った。
それなら、特撮と3-10chainも活動してください、切実に。

そうそう、今日は水戸さんのウタノコリと、FARMSTAYのライブと、
ついでに人間椅子の久しぶりのライブも重なっていたのです。
同じ日にこんなにライブが重なるなんてめずらしい。ひどい(笑)!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 大槻ケンヂ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。